#1 イギリス留学にむけて【ロンドン大学の授業内容や失敗談、お金の話を中心にお伝えします!】

留学

U-NEXT

皆さん、こんにちは。

私は7年間アナウンサーとして日本のテレビ局に勤めた後、イギリスに留学しました。

平成最後の夏に日本を飛び出し、2018年6月よりロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London) でメディア・コミュニケーション学の勉強をしています。

 

最近はインターネットのおかげで情報やサービスを得ることがとても便利な世の中になりました。

その一方で「イギリスに留学するために必要な情報」を入手することは、まだまだ簡単ではないと感じています。

 

私も日本でイギリスの大学について情報を収集する際、一体どの大学が自分に合っているのか、どの情報を参考にすればよいのか分から悩みました…。

 

このブログではロンドンでの体験談やイギリス留学に関する情報を発信していきます。

 

留学や海外の生活に興味をお持ちの方に少しでも参考になればと思っています。

 

ブログの内容です

①大学の授業内容を中心にお伝えします。

#4 大学院までのステップ

#8 Pre-sessional Course とは【プリセッショナルコースとは?授業内容を徹底解説!】

 

②失敗談や日常生活で役に立ちそうだと思ったことをまとめます。

#5 本当にあった情けない話-デポジットを払う時はご注意を in London

#7 海外生活の洗礼【自転車が盗まれました。ロンドンでは鍵が最低3個必要です】

 

③あとはなるべく「お金」の話をしたいと思っています。

#2 渡航前にかかった費用【行く前に約50万円!】

#13 学費を支払いました【少しでも効率よく学費を払うために必要なこととは?】

 

 

さて今回は…

留学を決意してから渡英まで

の日数をご紹介します。

私がロンドンに来たのは平成30年6月27日です。以前から海外留学への憧れがあり、30歳になる節目の年に7年間勤めた会社を辞めて海を渡りました。具体的に行動を開始したのは前年の1月です。

 

つまり、行動を始めたから実現するまでに1年半近くかかったことになります。

簡単な年表です

  • H29.  1 beoの「無料サポート」を開始
  • H29.  8 IELTS を受験する
  • H29.10 出願する
  • H29.12 合格通知を受け取る。会社に退社希望の旨を伝える
  • H30.  5 学生ビザ (Tier 4) を取得
  • H30.  6 退社 (8日) し、渡英 (27日) する

平成29年1月に「無料サポート」を開始したのが留学への第一歩でした。

 

無料の留学サポートがある

インターネットで「 留学  サポート」などと検索すればいくつかのエージェント会社を見つけることができます。

有料サービスを選べば手厚いサポートに加え、英語の試験(IELTS)対策の授業などにも参加できますが、私は無料サポートを選びました。出願の際は志望動機書 (Personal Statement) の添削をしてくれるなど、けっこう親身になって相談に乗ってくれましたよ。

私は「留学コンシェルジュ beo」という会社にお世話になりました。

 

出願は早い方がいい!

イギリスの大学・大学院は例年10月頃に出願受け付けを開始し、定員に達し次第締め切りといった所が多いです。日本とはまるでシステムが違いますよね。先ほどご紹介した「beo」の担当者からは

出願受け付けが始まり次第すぐに書類を提出するのがおすすめです

というアドバイスも頂きました。

なぜかというと、たとえ素晴らしい内容の志望動機書を書き上げたとしても、すでに希望のコースが定員で埋まってしまっていたら合格通知をもらえないからです。言い換えれば、早めに出願すればライバル達に先駆けていち早く合格通知を手にすることが可能になるわけです。しっかりと期限を定め、それに向かってプロジェクトを進めていくのは日本人の得意分野かと思います。

 

留学までに1年半かかった理由

もし私が2017年1月の段階で出願をしていて、なおかつ希望コースが定員に達していなければ、同年9月に渡英することも不可能ではありませんでした。

一方、当時の私は英文の志望動機書を短時間で書き上げる能力はおろか、そもそも何を準備すればいいのかすら分かっていなかった状況でした。それに勤め先ともしっかりと話し合った上で退社したいと思っていたので、まずは翌年2018年9月から始まる新学期に向けて、

  1. 行きたい大学を決める
  2. 英語の試験(IELTS)のスコアを獲得する
  3. 出願の準備をする
  4. 合格通知をもらう
  5. 円満に退社する (・_・)ダイジ

といった事柄を、いかに仕事をしながら進めていくか計画を立てることにしました。

 

つまり…

留学を決意してから渡航まで1年半ぐらいはかかる

こう、考えておくといいかもしれません。

 

留学への不安

私はイギリスに来るまで海外で暮らしたことがありませんでした。つまりこれが人生初めての「海外生活」です。英語も中学・高校・大学で習った範囲のことしか分かりませでした。正直、2017年1月の段階では留学を決意したのは良いものの、本当に自分が1年半後に海外へ渡り、英語を使って勉強しているのか全然想像できなかったことを今でも鮮明に覚えています。そう思うと今イギリスで日本の皆さんに向けてブログを書いていること自体、感慨深いです。

留学を決意してからは、仕事の傍ら大学を探したり英語の勉強をしたりと心身共に結構ハードでした…。

 

留学を検討している方の中には、私と同じように漠然とした不安」を抱いている方も少なくないのではないでしょうか?私もこの時期は「本当に留学を実現させることができるのだろうか?」という思いが常にあって心が落ち着きませんでした。

しかしイギリスで生活を始めた今となっては、

全部どうにかなるし、ロンドン楽しいですよ

というのが正直な感想です。

むしろ渡英してしまった以上は、いかにロンドンという環境で自分が成長ができるか、何を持って日本に帰れるかということに関心があります。私の発信する情報が、少しでも留学や海外に興味のある皆さんにとって役に立つものであればと思っています。

御覧頂きありがとうございました。



DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

留学
Instagram/YouTubeのアカウントです。こちらもぜひ応援お願いします!
ロンドン留学ブログ 〜アナウンサーから英国大学院生へ〜